2005年11月07日

ポケット株の手数料に気をつけろ!

買うタイミングを誤って、赤字垂れ流し状態だったシャープポケット株が、ここのところの大商いのおかげでようやく売れました。赤が出ているうちは売りたくないと思っていたので、ほっとした感じです。損が切れない売買をしているうちは、いずれ大赤字を出すと言われていますが(苦笑)

ポケット株の売買については、今年末まで手数料無料(キャッシュバック)ということは、前にも書きました。手数料無料ということなので、今回初めてポケット株を売買してみたわけですが、こんな調子でした。

10月28日にシャープのポケット株を16.35円で1000ワラント分買いました。買付コストは、(手数料が無料なので)1万6835円です。11月7日に、売り注文が約定しました。16.48円で1000ワラント分です。売却損益は+170円でした。

10月5日に「手数料分も値上がりするのか?」と書いたのですが、ここで見落としていた点が1点ありました。それは、手数料が往復分かかるということを忘れていたのです。忘れていたというか、気づいていなかったのです。往復とはどういうことかというと、買付で生じる手数料と売却するとき生じる手数料のことです。それぞれ525円かかりますから、往復で1050円もかかります。

つまり1050円分の値上がりがないと、損をしちゃうわけです。今回、手数料が無料だったからよかったものの、キャンペーン期間中でなければ880円も損していたことになります。

少額で売買しているうちは、差益も小さいですから、1050円分の値上がりなんて、そう期待できません。ポケット株は、少額で売買を行うと利益が出にくい構造になっていると思います。まだ株式売買の方が、売買額の大きさに比して手数料が小さいので、まだ利益が出やすいかもしれません。

投資信託ですと、売却時の名目で手数料をとられることはありません。せいぜい儲けたなかから税金を引かれるくらいです(解約手数料は「なし」のことが多いので)。投資信託と同じ感覚で売買しているとえらい目に遭います。


あなたはE*トレード証券のポケット株で成功してみませんか?

posted by ねこすけ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

原資産に近い値動きをするポケ株?

ゴールドマンサックスのポケット株の説明を読むと「ポケット株は対象原資産に概ね近い値動きをします」と書かれています。が、また同時に「対象原資産との連動性は保証されておりません」とも書かれています。シャープのポケット株を例にとってみると……?

4日の東京株式市場は大商い。約4年5か月ぶりに終値が1万4000円台を回復しました。僕が保有しているシャープのポケット株も例外ではありません。買気配値で+1.82%の値上がり、売気配値で1.87%の値上がりをしています。

さて、問題は、原資産となっているシャープの株価との乖離具合です。この日のシャープ株は+39円の1669円で取引を終了。前日比+2.39%の株価でした。値上がり幅でいうと、0.53〜0.57ポイントの差です。

この差を「概ね近い値動き」ととるか「保証外の連動性」ととるか? 人それぞれだと思いますが、人間って勝手なもので、実際の値動きを下回っていると「勘弁してよ」ですし、実際の値動きを上回っていると「よしよし」となるのではないでしょうか。

今の僕の気分は「ゴールドマンサックスさん、もうちょっと色つけらんない?」ですが、いや、しかし、ポケット株が実際の値動きを上回ることはあるのでしょうか? そんなことも気になるのでした。


あなたもE*トレード証券でポケット株に挑戦してみませんか?


posted by ねこすけ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

手数料無料を使いこなしたい

ポケット株の手数料キャッシュバックキャンペーンが12月30日までだということは、前に書いたとおりです。また、ポケット株で手数料分も儲かるのかどうかという心配もいまだぬぐいきれません。先日、約定したシャープのポケット株は乱高下を繰り返しながら、いまだ赤字。銘柄選びとタイミングが悪かったといえばそれまでなのですが、小さな単位で取引しているうちは、儲けたとしても手数料を差し引くと、大きな儲けにならないような気がしています。

しかし、いろんな証券会社を見比べていると、ポケット株ではなくて普通の株式なのですが、1日10万円までの約定なら手数料が無料という会社がありました。松井証券です。ポケット株とちがって、売買代金が大きくなるので、10万円くらいはすぐに使ってしまいそうな気がしないでもないですが、1日に何度も売買するものでなければ、10万円までというのは嬉しいサービスかもしれません。少額で始めるという点では、ポケット株に通じるものがあります。

10万円以内で買える銘柄は数が限定される可能性もありますが、ポケット株の銘柄も限定されているので、そういう意味ではそれほど大きな差はないとも言えます。たとえばシャープの株は、単元株数が1000株で1,592円(10/26現在)なので手数料無料では買えません。しかし、ライブドアの株なら買えます。しかもライブドアはポケット株の対象ではありません。

ライブドアの株は、500円玉あれば買えるわけですが、500円分を買ったとしても手数料だけで元手が吹っ飛んでしまいます。しかし10万円以内の約定が手数料無料だとしたら、手数料で元手が吹っ飛ぶことは気にする必要がありません。ほかにも楽天なら74,600円(10/26現在)が手数料無料で買えます。

場合によっては、ポケット株より松井証券の「10万円分までの約定なら手数料無料!」というサービスの方が自由度が高かったりするわけです。

僕の場合は、まだ株に慣れていないので、それほど必要とはしていないのですが、もし株に興味のある初心者の方なら、松井証券で株を習い始めるという選択肢も悪くはないと思われます。
posted by ねこすけ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

ポケット株、初めての約定

シャープの買い注文を出していたのは、先日書いたとおりなのですが、約定しました。「約定しました」というか、「知らぬ間に約定してしまっていた」という方が正確かもしれません。しかし、まったく知らないうちに約定していたかというと、それはまた違う話で……。

ポケ株に限らず、国内株式の売買でもそうなのですが、株を買ったり売ったりするときに「期間指定」というのができます。いつまでの間に指定した値段(指値)で買いますか?(あるいは売りますか?)という指定です。「期間指定」を選ばない場合は「当日中」を選ぶことになります。

今回、シャープのポケ株を買うとき、この「期間指定」を選んでいたのでした。で、その期間中に売買が成立したというわけです。しかし、なんで「期間指定」を選んでいたのか? あんまり深い理由はないのですが、たぶん「当日中」より「期間指定」の方が面白そうだったからです(汗)。何かを指定するって、何も指定しないよりリッチな感じがするじゃないですか? え、そんなことない?(焦)

買えなかった日は、+18円で、悔しい思いをしたのですが、約定した日は-17円……。いきなり110円(1000WRあたり)の損が出ちゃったんですけど……。手数料無料とはいえ、また悔しい思いをしておりますです。きぃ〜〜〜。
posted by ねこすけ at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

シャープ株買えませんでした

シャープのポケ株は、約定できませんでした。つまり買えなかったんですね。ここが投資信託と違うところで、必ずしも買えるわけではありません。市場で売られている値段は常に変化していて、その需要と供給にみあった値段でないと買ったり売ったりできないんですね。投資信託なら必ず買えますけど。

そんなときに限って11日の日経平均は大幅反発、今年最大の328円高でした。シャープ株も前日比 +18円で取引を終えています。そもそも「シャープの株って下がってるやん」という発想から、ちょっと安めで注文を出したのが結果的にいけませんでした。市場としては、シャープ株は買いだったんですね。

ということでどうしようか思案中。まぁだいたい、どうしようこうしようと思案しているときに限って、いい値動きをしてくれるものです。あ、いや、すると、三重県応援ファンドは値上がりしてるんじゃないかしらん? 三重県応援ファンドに関していえば10月20日が決算日、運用レポートも上がってくるかな?

で、ポケ株どうすんだよ > 俺
posted by ねこすけ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

三重県といえばシャープなんです?

三重県応援ファンドが思ったより振るわないのです。基準価額は7日現在で10,076円。設定日から2週間くらいしか経ってないから、言っても仕方ないんだけど、ここのところの株高を受けて、もうちょっと伸びてもいいのにという欲があります。

単に三重県関連の株が不調なんだろうか? と浮かんだ銘柄がひとつ。シャープです。三重県・亀山に工場がありますから、きっとポートフォリオに組まれているでしょう。ということは、シャープが低いのでしょうか? チャートだけを見てみると、ほかの銘柄のように右肩上がりで続伸中って感じではありません。

シャープが原因なのかどうかよく分かりませんが、今後伸びる可能性があるのなら、ファンドに頼らなくても株を買っちゃえばいい。株買うお金はないので、ポケット株にしちゃえばいい。ポケット株の取引にかかる手数料は、今年のことなら無料らしいし。

あんまりね、企業財務のこと分かりません(汗)。でも、まぁ好きな会社だし、年末になれば液晶テレビも売れるだろうし。いや、何よりも新しいことをやってみたいのですよ。

ということで、ボタンをぽちっと。買い注文を出しました。
posted by ねこすけ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

ポケット株の手数料

手数料ほど儲かるのかとぼやていたのだけれど、イー・トレード証券で「手数料キャッシュバック」というキャンペーンを行っていたのを知りませんでした。「期間中に約定されたご注文についての取引手数料が、取引金額に関わらず、全てキャッシュバックの対象となります」と書いてあります。

キャンペーン期間は、2005年7月1日9:00〜12月30日(金)11:00まで。ということは年内いっぱいは、ポケット株を売買しても手数料がかからない(戻ってくる)ということですね。キャッシュバック時期は次のとおりだそうです。

2005/07/01(金)9:00〜09/30(金)23:50取引分は、2005年11月下旬に入金
2005/10/03(月)9:00〜12/30(金)11:00取引分は、2006年2月下旬に入金

7月から始まっていたこのキャンペーンにいまごろ気づくというのは、自分のやる気を疑ってしまいます(悲)
posted by ねこすけ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

手数料分も値上がりするのか?

「日経平均も落ち着きを取り戻し始めたよう」なんて昨日のブログに書きましたが、ところがどっこい、日経平均は4日、年初来高値を更新。素人ぶりを発揮してしまいました(鬱)。昨日のうちに買っておけばよかったよ……。

ポケット株について調べてみたのですが、仕組みというのかシステムを紹介してくれるページはたくさんあるのに、用語や買い方を具体的に示して説明してくれているページがなかなか見つかりません。説明がいらないくらい簡単に売買できるのでしょうか? それともポケット株はそれほどメジャーな商品ではないのかしら? 「四の五の言わずに、とっとと買えや」という心の声が聞こえてくるのですが、本当にそれでいいのでしょうか?

ということで、イートレード証券のページで分からなかった言葉を調べてみました。

権利行使価格
予め決められている原資産を売買する価格(コール型:買付価格、プット型:売却価格)

スプレッド
ポケット株の販売価格と買取価格の差を比率で表示します。

ギアリング
1株相当のポケット株を購入する金額と対象銘柄1株を購入する場合の比率を表示します。

1WR当たりの株数
ポケット株がどれだけの株を対象としているかを表示します。

ふーむ。説明されても分かりません(笑)。こんなときはやってみるしかないでしょう……。気を取り直して、野村ホールディングスのポケットを買うつもりで、ページを見てみました。野村ホールディングスの株価は1,728。これに対してポケット株の売気配は17.30。1WRあたり株数が0.01だとすると、なるほど、ニアリーイコールです。

売買単位が1000WRだとすると、きっと1000WR(1万7300円)とか2000WRを入力しなければならないということですね。それから、これに手数料(525円/税込)がかかります。指値ですが、考えるのが面倒くさいので、とりあえず17.30を指定しておきます。買付余力が29,212円しかないので、それ以上お金が必要となっても、ただ買えないだけですから、まぁ安心です。1000WRにして、ボタンをぽちっと。

ワラント数 1,000WR
価格 17.30円
概算手数料 500円
概算受渡金額 17,825円

実際にやってみると、案外簡単なものですよね。このまま注文を確定してもよかったのですが、しかし………1,000WRだけで手数料分の525円も値上がりするんだろうか????

手数料は、5万円以下が525円、5万円超20万以下が1,050円てな具合ですから、

2,000WRを買えば、1,000WRあたりの手数料は263円
10,000WRを買えば、1,000WRあたりの手数料は105円

たくさんのWRを買えば、単位あたりの手数料が安くなる仕組みですね。

この日の野村ホールディングスの前日比は+0.12。掛けることの1000WRとすると120円になります。手数料分取り返すのがまず大変そうです。

投資額が少ないとリターンが少ないばかりか、手数料分も儲けられない可能性があります。安く買える分だけ、かえって注意したほうがいいかも。

考え方が間違ってなければ、なんとなく問題の所在が分かってきたので、きょうはここまでということにいたします。
posted by ねこすけ at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

ポケット株の準備ができた

帰宅して、イー・トレード証券のページを開いてみると、ポケット株の取引ができるようになっていました。取引時間は、朝9時00分から夜23時50分までなので、仕事から帰ってきても売買ができるというのがポイントのひとつ。

通常、東京証券取引所は、午前9時から11時までの時間(前場:ぜんば)と午後12時30分から15時までの時間(後場:ぜんば)が取引時間となっています。デイトレーダーはともかく、一般の会社員ですと、この時間帯に取引を行うとすると、たいていの場合、仕事をサボらなければなりません。でも、ポケット株なら、一杯ひっかけて帰ってきても取引ができるというわけです。

さて、日経平均も落ち着きを取り戻し始めたようなので、手始めに何か買えないかと、取引画面を開いてみたら、分からない言葉ばっかりです。「1WRあたり株数」「権利行使価格」「ギアリング」「スプレッド」「ワラント数」などなど。

おそらく専門用語に関しては、国内株式の方が覚える言葉が少なくてすむのではないでしょうか? せっかく取引ができるようになったとはいえ、投信以上に「分からなさすぎる」まま取引を始めるのは、なんともお粗末なので、ちょっとずつ勉強していこうと思います。

まぁ、こんなふうに躊躇している間に、ブームに取り残されそうな気もしますが、いずれにせよ前途多難です。
posted by ねこすけ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

ポケット株取引開始必要書類を返送

ポケット株の「カバードワラント取引開始必要書類」を返送しました。書類が届いたのは、9月14日。名前と住所を書いて、はんこを押すだけなのに、2週間もかかっちゃいました。ここのところ、株式市場は活況を呈していますので、とっとと送ってポケット株を買っていたならば、いまごろウハウハだったかもません:-P

投資額は少なめにしようと思っていたので、ウハウハになっていたワケはないのですが、タイミングって大事ですね。もし、「今買いたい」と思っても、申し込んでなければ買えませんものね。買う、買わないの判断は、申し込みをしてからでもよかったわけです。

で、買うのか買わないのか? 値上がりの仕方が異常なような気もするので、判断に困るところです。
posted by ねこすけ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

捕らぬポケット株の皮算用

ポケット株に手を出そうといいながら、まだ申し込みを済ませていません。別に、以前書いたようにポケット株の概要がよく分からないという理由でもないのです。ポケット株の概要を理解したとしても、分からないのは税金の仕組み。「儲かったらどうしよう?」とアホなことを考えているうちに日は経つのでした(汗)

ポケット株に限らず、儲かったら税金を納めなければなりません。僕はまだ一度も確定申告を経験したことがないので、どうやったらいいのか分からないのです。加えて、何を申告したらいいのかも分かりません。分からないことだらけ。分からないことが怖いから手をつけないという恐怖心(?)があるのです。

と、このブログを書きつつ、ゴールドマン・サックスの解説ページを読んでみると、満期日前に売却した場合で「年間の利益が50万円を超えない場合には実質的に非課税となります」と書いてありました(--;

50万円以上もポケット株で儲けることができると思っていたのか!? やっぱり勉強不足というのか集中力がないというのか、情けない限りです。

もう一回、よく説明を読んでから出直します(涙)
posted by ねこすけ at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

ポケット株を始めるには虚偽申告が必要?

ポケット株を始めるために必要だった「カバードワラント取引開始必要書類」を請求していたことは先日書いたのですが、その書類がイー・トレード証券から届きました。内容物は、次のとおりです。

1)銘柄一覧
2)eワラント商品案内
3)カバードワラントに関する説明書
4)カバードワラント取引に関する確認書
5)返信用封筒

ポケット株のことなんか、ほとんど書かれていません。そもそも必要書類の名前も「カバードワラント取引開始必要書類」です。カバーワラントばっかり強調されています。

どうもカバード・ワラントというのは、「ポケット株」と「eワラント」から構成されているようです。だから、「カバーワラント取引に関する確認書」を返信することで、「ポケット株」と「eワラント」の取引が始められるということになるみたいです。

「eワラント」の商品説明書を開くと、「ハイリスクをお楽しみ下さい」なんて大きく書いていて、「ポケット株」と「eワラント」の違いが分かっていないと、「ポケット株ってハイリスク商品なのか!」と思ってしまいます。

違いが分かろうにも、内容物には「eワラント」と「カバード・ワラント」に関する説明はあるけど、ポケット株に関する詳しい説明はありません。少なくとも、人に理解してもらおうという説明書はありません。だから、正直なところ、ポケット株がハイリスク商品なのかどうかを判断する材料さえありません。内容物から分かるのは、「eワラント」がハイリスク商品だということだけです。

そして、「カバードワラント取引に関する確認書」では申告しなければならない点が2つ

1)カバードワラントの説明をよく読んで、商品概要とリスクを理解したということ
2)株式、先物・オプション、ワラントまたはカバードワラント、いずれかの投資経験があること

要は「経験もあるし、よく分かったから自己責任で取引できるよ」ということを言わなければならないわけです。

しかし、「5,000円程度の少額資金で取引が始められる!」というポケット株の触れ込みに対して、株式の投資経験が必須の条件だとすると、なかなかこれをクリアできる人はいないでしょう。株式の投資をしたいけど、資金がないから少額から始められるポケット株から始めたいという人が多いだろうからです。そんな人に先物やワラントの取引経験があるはずもありません。

もしそうなら、ポケット株を始めるには虚偽の申告をしなければならないということになります。しかし、それが虚偽であっても、印鑑を押した以上、虚偽としては認められないということでしょう。

実は、僕は過去に、株を取引したことがないわけではないので、虚偽申告をしないですみそうですが、それは経験といえる経験ではありません。

さて、どうしたものかな? 
posted by ねこすけ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

ポケット株の情報収集

ポケット株を始めるにあたって、それなりに情報収集をしておかないといけません。ポケット株は、ゴールドマン・サックス・インターナショナルが胴元になっていて、上場されているすべての銘柄が買えるわけではないという点には特に注意したいところです。

・胴元であるゴールドマン・サックスによる“ルール説明”は、まず読んでおきたい

・どんな銘柄が買えるのか。銘柄一覧は必ずチェック

・この一覧表にYahoo!ファイナンスのデータをリンクしたポケット株銘柄関連情報は便利

・ポケット株にチャレンジした体験記にも目を通しておきたい
   〜ポケット株との出会い
   〜口座開設編
   〜ついに買っちゃったよの巻
   〜円安で大儲けの巻
   〜市場環境が明るい時にこそ気をつけようの巻

・できれば書籍にも目を通しておきたいところ
eワラント×ポケット株オフィシャルガイド
posted by ねこすけ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

ポケット株を始めてみたい

株を始めるとしたら、ウン百万と結構な元手がかかってしまいます。1万円から始められるということでちまちま遊んでいる投資信託もそれなりに楽しいことは楽しいけど、気長に持たないといけないので、短期で楽しめません。

そこで、株といっても少ない元手で楽しめる「ポケット株」に興味が出てきました。少額で始められる株には、ほかにも「ミニ株」というのもあるらしいですけど、僕が口座を持っているイー・トレード証券では、ポケット株を取り扱っているので、ポケット株にしました。

ポケット株の特徴としては、

・ 5,000円程度の少額資金で取引が始められる!
・ 値嵩株もポケット株なら小さい金額で投資可能!
・ 値動きは対象となる銘柄にほぼ連動します。

ということがイー・トレード証券のページに書かれています。まぁ、イメージはなんとなく分かるので、実際にどんな取引かは、始めながらやるのがいいのでしょう。ボタンをぽちっと押したらすぐ取引が始められるのかと思ったら、そんなことはありませんでした。

ポケット株を始めるには「カバードワラント取引開始必要書類」が必要で、書類が郵送されてくるとのこと。書類の発送は申し込みの翌営業日になるというので、実際に取引を始められるのは来週くらいになるかもしれません。

posted by ねこすけ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする