2008年02月04日

ワラント&FXで確実にスワップを狙う

このseesaaブログ、更新しようとしても、動作が遅くえらく時間がかかってしまうので、更新をしていませんでした(1か月以上もさぼってしまった!)。その間にstaygoldさんから貴重なコメントをいただいていたのを見逃してしまい、大変申し訳ないことに。staygoldさん、遅くなりましたが、ありがとうございます!

staygoldさんからいただいた知見は、為替の変動リスクのヘッジするのに必要なワラント単位を計算するための式でした。

1ワラント当たり原資産数×ワラント数=通貨数

「2万通貨ヘッジするには、原資産数が1の場合で、2万ワラント必要」になるということです。これは結構大事な話で、3〜4か月の戦略に有効なんではないかと思います。

FXで買い建てをし、ワラントでプットを買うことは、事実上の両建てみたいな感じになるのですが、きれいにヘッジできるならば、スワップ分を確実に取っていくことができる手法です。

FXの買いに対して売りを立てる(=両建て)と、スワップだけでなく、マイナススワップをついてしまうので、プラスマイナスゼロになっていまいます。ところが、ワラントのプット買いは、マイナススワップがつきません。なので、スワップを取っていけるという理屈になります。

ただ気をつけなければならないのは、ワラントには期限があるということです。権利行使価格に満たなければ、紙くずになってしまいます(元本がぱーになる)ので、それまでに決済しなければなりません。

ワラントによりますが、半年以上先に行使期限が設けられたものを選ぶのが無難なのではないかと思います。

で、ワラントってどうだったのか?
この更新をさぼっている間にも、いろいろワラントを試してみました。為替のワラントとインデックスのワラントです。FXは買いだけでなく売りもできるのですが、インデックスは基本的に売りができません。その点、ワラントだとインデックスを売りで持てるので、この1か月で経験したような下落相場には、向いた商品なのではないかと思いました。

あるインデックスのワラントは、1.5倍のリターンを得ることができたので、使い方しだいでリスクのヘッジだけでなく、ハイリスクハイリターンを狙う場合にも有効でしょう。だいたいいいことしか書いてないのが怪しいんですけどね(汗)。

いまはTOPIXの11月12日満期、権利行使価格が1400のものを遊び程度に保有しています。インデックスファンドも保有しているので、あんまり買う理由もないのですが、ちょっとハイリターンに目がくらんでしまっています(笑)。
posted by ねこすけ at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。わざわざコメントありがとうございました。

またまた余計なお世話ですが。
ワラントは、競馬などと同じ投機だと割り切ってするのがいいと思いますよ。

少なくとも、資産形成や資産運用する為の商品ではないと思います。
↓相互リンクしているブログですが。
http://oku2006.blog43.fc2.com/blog-entry-985.html
Posted by staygold at 2008年02月05日 00:14
staygoldさん、ブログの紹介ありがとうございます。「『下げ相場用でも勝負できるプット用』と始めたのに、いつのまにかコールにも手を出して」のくだり、どきっとしてしまいました。たしかに資産運用の商品ではなさそうですね。FXもそんな気がする今日このごろ……
Posted by ねこすけ at 2008年02月06日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック