2007年12月26日

eワラントで為替リスクをヘッジ

月10万円計画はそこそこ進行中なのですが、ここ1か月を振り返ってみるに、チャンスを逃していたり、痛い目にあっていたりと、山谷は避けられていません。FXで何が恐ろしいかってGBP/JPYの乱高下です。儲かればでかいのですが、はずしてもでかい。

そこで、せめて円高リスクだけでもヘッジできないものかと思案しながら本にあたっていたら、eワラントを使ったらいいという記述に出会いました。FXもそうなのですが、eワラントでも値下がりすれば儲かるという空売り的な手法が使えるのだそうです。

eワラントでは値上がりして儲かるものを「コール」、値下がりして儲かるものを「プット」と呼んでいるそう。僕がやりたいのは、外貨買いのリスクをヘッジする商品なので、選択すべきは「プット」の商品ということになります。

eワラントで、一番に気になったのは、損失のことです。元本以上の損害をこうむることがあるのかないのか? 答えは「元本以上の損害をこうむることはない」でした。

次に気になったのは価格です。現在値11.30を表示されている価格の単位は円なのか? 1ワラント単位は11.30円という理解でよいのか? 答えは「単位は円」でした。

その次に気になったのは売買単位。何ワラント単位が最低取引単位なのか? 答えは「1000ワラント」でした。

つまり、11.30円のワラントを1000単位分買うと、1万1300円(手数料・税のぞく)かかることになり、1万1300円以上の損失はこうむらないということです。この1万1300円が保険料。

FXで1万1300円以上の利益を出しさえすれば、保険料の元手はとれるという算段が成り立ちます。逆にFXで損失が出た場合に保険で損失をカバーできるか、最小限にとどめることができれば、リスクヘッジ作戦は成功です。

しかし、ここが問題。失う分の計算は簡単ですが、損失のカバー率の計算が分かりません。支払った1万1300円が、FXで出た損失よりも価値を上回らないといけないからです。1万1300円は、どこまで大きくなるのでしょうか?

ネットで勉強してみると、現在のレートに近い価格を示したeワラントを買うべきと書いてありました。とりあえずは鵜呑みにしてみることにします。前に書いたように、僕が怖いのはGBPの乱高下なので、GBP/JPYのeワラントのプットを買います。ヘッジ作戦を思い立ったGBP/JPYのレートは226円。これに近いのは224円の商品で、満期は08年6月11日。この商品が上で触れた11.30円という価格でした。

現在保有しているGBP/JPYは2万通貨単位。2円下落すると4万円の損がでます。逆に2円上がると4万円の儲け。4万円の儲けが出れば、保険料の1万1300円はペイできます。

逆に2円下がると、4万円の損が出ますが、eワラントの権利行使価格224円に触れますので、ようやく保険の意味が出てきます。4万円の損を埋めるだけeワラントの価値が上がるのでしょうか? ちょっとした両建てみたいなもの?

100%カバーしてくれるとうれしいのですが、1万円程度しかカバーできなかったとしたら? 2万円程度をカバーしようとしたら、2000ワラント購入しないといけないのでしょうか?ここが問題ですね。

まずは、やってみるべしということで保険を購入しました。というのが、今のステータスです。こうやって書いているうちも、わずかですがGBP/JPYが値下がり。FXは数千円単位で値動きして赤が出るのに、eワラントは100円単位……。ほんとにリスクヘッジできるんでしょうか?

eワラントの価値が上がっているのを見ると、複雑な気分になります。
posted by ねこすけ at 23:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

eワラントはあまり詳しくないのですが。
「1ワラント当たり原資産数」っていうのが詳細などで見られないですか?
おそらく、1か0.5かじゃないかと思います。
その数字×ワラント数=通貨数 ですよ。

2万通貨ヘッジするには、原資産数が1の場合で、2万ワラント必要ですよ。
Posted by staygold at 2007年12月28日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック