2008年08月25日

バーゲンセールはいつまで続くのだろう?

右側にあるモジュールに「下落"日本株"が買いな理由?」という広告が出ていました。その広告が言うに「日本株には周期的に千載一遇の儲けのチャンスが到来している」なのだそうです。千載一遇かどうかはわかりませんが、安いときに買っておくに限ります。これは株だけではなくて、為替もそうだし、ガソリンだってそう。

だいたい世の中が、「株を買うなら今!」なんて言っているときこそ、すでに上昇トレンドにあって、下手をすると調整の一歩手前だということがよくあります。僕の経験でいうと、FXで得られた差益が気になって、仕事中も「どこまで上がるんだろう?」と取引ページをリロードしているあたりがピーク。そこで決済しないと、すぐにガクンと落ちちゃう。

逆に、「まだ下がるんじゃないか?」と不安に支配されているときは、すでに底を打っていることが多いような気がします。そのせいでドル円が100円を切ったときにロングを持ち損ねました。

もっとも、どこが天井でどこが底なのかなんて、分かりやしません。分かれば苦労しないですよ。だからこそ、投資信託なんかで毎月一定額を積立ていくというドルコスト平均法がいいのかもしれません。

もし、まだ投資信託の積立を始めていない人がいらっしゃるなら、この時期こそがチャンスかも。あ、ただ日本株だけではなくて、外国債券とか外国株とか、いろんな商品をミックスして積み立てるのがコツですよ。ちなみに僕は、サブプライムショックに懲りて、外国株の比率を減らして、外国債券の比率を上げていくことにしました。

正直、いつまで不況が続くのか、不安は不安なんですけどね。感情を交えないドルコスト平均法と、一喜一憂しながら取引するFXでがんばりまっす。
posted by ねこすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドル・コスト平均法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック