2008年08月24日

打ち出の小槌再び

ある知り合いと年収の話になりました。その人は、誰もが知っている大手の企業に勤めているのですが、家のローンなどで、十分なお小遣いがないのだそうです。その人だけでなくて、僕も十分なお小遣いが欲しいのですよ。

お小遣いといえば、やっぱり、これを生み出してくれる“打ち出の小槌”が欲しい。僕のなかでこの発想は、2007年01月31日のエントリーEUR/USDとEUR/JPYは打ち出の小槌になるか?に始まりました(たぶん)。

このときに考えていたのは、値動きが逆相関する通貨ペアを保持することで、差益と差損を相殺し、スワップだけをいただくというものでした。これはこれで、がんばればうまく機能するのかもしれませんが、僕はギブアップ。

いまは、単に「打ち出の小槌を買う」というシンプルな考え方に傾いています。なんてことない、プラススワップの通貨を買うだけのことです。さらに言うと、初心に帰るということになるかもしれません。僕の初心というのは、「働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術」に書かれているスワップ狙いの外貨取引です(たぶん)。

10000通貨取引に必要な証拠金が30000円で、スワップが150円入ってくるならば、「日々150円のお小遣いを生む“打ち出の小槌”を30000円で買う」と考えます。ただ、これではすぐにロスカットが入って小槌が使えなくなってしまうかもしれないので、30000円を追加して60000円で買うならば、より丈夫な小槌が買えるという風に考えます。

1日150円×30日で4500円

悪くない小槌だと思います。もちろん、この小槌は、差益や差損によって、さらに強化されたり、逆にぼろぼろになったりするリスクがあるのですが、よほどの為替変動がない限り、保持し続けることにより、どんどん丈夫になっていきます(スワップが差損をカバーする)。

FX口座に貯まるスワップ分だけ、銀行口座から預金を引き出して使う。そうすると資産は目減りしません。

また都合のいいことだけ言ってますかねー?(汗)
posted by ねこすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック