2008年08月26日

暴走する資本主義

クリントン政権時代の労働長官を務めたロバート・B・ライシュが著した『暴走する資本主義』は、爆裂的に面白かったのでちょっと紹介させていただきます。

米国型資本主義は、近い未来において破綻すると言われいます。それは2010年だという人もいるし、2011年だという人もいるし、2012年だという人もいます。いつ破綻するかは、そう重要ではなくて、多くの経済学者が、いまの資本主義に危機感を抱いていて、多くの市民もこれに大きな不安を抱いています。

特に、格差社会の進展は、とても深刻で、アメリカと同じような格差のあり方が、日本にも浸透してきていることは、誰もが知っています。年収何10億円も稼ぐ経営者がいる一方、年収300万円にも満たないワーキングプアがいます。これは昔のような搾取なんでしょうか? 蟹工船が売れているらしいですが、当時の資本家vs.労働者の関係は、いまでも成り立つんでしょうか? どうもそうではないらしい。

この本によると、僕たちには3つの側面があります。投資家の側面、消費者の側面、そして市民の側面です。

投資家としての僕たちというのは、直接的な株式投資をしている僕たちという意味もありますが、年金を支払っている僕たちも間接的な投資家です。なぜなら年金の資金は株式市場で運用されるからです。株式市場で資金を運用している以上、僕たちは損をしたくありません。投資先の会社が大きな利益をあげ、大きなリターンを生んでもらわなければなりません。そうでないと、老後の生活が成り立たない……。そこで株主&ファンドマネジャーらは、「だらだらせんと、とっとと儲けんかい!」と、上場企業の経営者に大きなプレッシャーを与えます。経営者が大きな利益を生めば、株価は上昇。「○○社長万歳!」。僕たちは大喜び。経営者は大きな報奨金を得ることになります。

次に消費者の側面です。企業が大きな利益を生むためには、販売価格や生産コストを下げなければなりません。グローバライゼーションによって、海外からは激安商品が流れ込んでおり、この競争に勝たなければならないのです。経営者は、利益を最大化するため、市場に安い商品を提供します。消費者としての僕たちは、大喜び。日本でもプライベートブランドが、大きな注目を浴びていて、賃金の上がらない僕たちの生活を支えてくれています。「お買い得商品万歳!」。

しかし、僕たちは、投資家や消費者であると同時に、市民=労働者でもあります。生産コストを下げるがために、僕たちの賃金が上がらないのでは? お買い得商品を買うために、僕らは賃金の上昇を抑えられているのでは? だとしたら、投資家としての僕たちや、消費者としての僕たちの利益が、僕たち自身の首を絞めていることになる。

どこかで、自分たちの欲望にブレーキをかけないと、格差社会はどんどん進展していくかもしれません。こんな話が、アメリカ社会の実情を交えて、ことこまかに書かれています。

僕たちが参加している資本主義の市場がどんな状態で、どういう環境を生みだしているのか。資本主義が生みだしている矛盾を読み解く、ひとつの視点を与えてくれる良書だと思いました。


posted by ねこすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

バーゲンセールはいつまで続くのだろう?

右側にあるモジュールに「下落"日本株"が買いな理由?」という広告が出ていました。その広告が言うに「日本株には周期的に千載一遇の儲けのチャンスが到来している」なのだそうです。千載一遇かどうかはわかりませんが、安いときに買っておくに限ります。これは株だけではなくて、為替もそうだし、ガソリンだってそう。

だいたい世の中が、「株を買うなら今!」なんて言っているときこそ、すでに上昇トレンドにあって、下手をすると調整の一歩手前だということがよくあります。僕の経験でいうと、FXで得られた差益が気になって、仕事中も「どこまで上がるんだろう?」と取引ページをリロードしているあたりがピーク。そこで決済しないと、すぐにガクンと落ちちゃう。

逆に、「まだ下がるんじゃないか?」と不安に支配されているときは、すでに底を打っていることが多いような気がします。そのせいでドル円が100円を切ったときにロングを持ち損ねました。

もっとも、どこが天井でどこが底なのかなんて、分かりやしません。分かれば苦労しないですよ。だからこそ、投資信託なんかで毎月一定額を積立ていくというドルコスト平均法がいいのかもしれません。

もし、まだ投資信託の積立を始めていない人がいらっしゃるなら、この時期こそがチャンスかも。あ、ただ日本株だけではなくて、外国債券とか外国株とか、いろんな商品をミックスして積み立てるのがコツですよ。ちなみに僕は、サブプライムショックに懲りて、外国株の比率を減らして、外国債券の比率を上げていくことにしました。

正直、いつまで不況が続くのか、不安は不安なんですけどね。感情を交えないドルコスト平均法と、一喜一憂しながら取引するFXでがんばりまっす。
posted by ねこすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドル・コスト平均法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

打ち出の小槌再び

ある知り合いと年収の話になりました。その人は、誰もが知っている大手の企業に勤めているのですが、家のローンなどで、十分なお小遣いがないのだそうです。その人だけでなくて、僕も十分なお小遣いが欲しいのですよ。

お小遣いといえば、やっぱり、これを生み出してくれる“打ち出の小槌”が欲しい。僕のなかでこの発想は、2007年01月31日のエントリーEUR/USDとEUR/JPYは打ち出の小槌になるか?に始まりました(たぶん)。

このときに考えていたのは、値動きが逆相関する通貨ペアを保持することで、差益と差損を相殺し、スワップだけをいただくというものでした。これはこれで、がんばればうまく機能するのかもしれませんが、僕はギブアップ。

いまは、単に「打ち出の小槌を買う」というシンプルな考え方に傾いています。なんてことない、プラススワップの通貨を買うだけのことです。さらに言うと、初心に帰るということになるかもしれません。僕の初心というのは、「働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術」に書かれているスワップ狙いの外貨取引です(たぶん)。

10000通貨取引に必要な証拠金が30000円で、スワップが150円入ってくるならば、「日々150円のお小遣いを生む“打ち出の小槌”を30000円で買う」と考えます。ただ、これではすぐにロスカットが入って小槌が使えなくなってしまうかもしれないので、30000円を追加して60000円で買うならば、より丈夫な小槌が買えるという風に考えます。

1日150円×30日で4500円

悪くない小槌だと思います。もちろん、この小槌は、差益や差損によって、さらに強化されたり、逆にぼろぼろになったりするリスクがあるのですが、よほどの為替変動がない限り、保持し続けることにより、どんどん丈夫になっていきます(スワップが差損をカバーする)。

FX口座に貯まるスワップ分だけ、銀行口座から預金を引き出して使う。そうすると資産は目減りしません。

また都合のいいことだけ言ってますかねー?(汗)
posted by ねこすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

くりっく365が通貨ペアを拡大

月間10万円目標としていた運用方針は、どこにいったのやら? しばらく、スワップ狙いの取引が続いています。しかし、おかげで、結構なスワップがたまりました。

一時は、全額決済して利益を確定しようとしたんです。ところがトータルで勝っていても、個別の通貨で損を切る勇気がなかったんですね。スワップがたまっていく様子を眺めていると、お金を生み出す機械を手放すようでさみしかったのです。なんとも、まぁ、いい加減な取引姿勢ですorz

この間に考えていたのは、お金を日々生み出す機械としての通貨ペア、つまりスワップ狙いの通貨ペアと、差益を狙う通貨ペアがあったら、両方の取引が楽しめていいのになということでした。

そんなところに、取引業者であるくりっく365のINV@STからお知らせメールが届いたのです。現在7通貨ペアのところ、これを25通貨ペアに拡大すると。

ちょっと冗長ですが、追加される通貨ペアを列挙。

・トルコリラ/円
・ポーランドズロチ/円
・南アフリカランド/円
・香港ドル/円
・ノルウェークローネ/円
・スウェーデンクローナ/円
・メキシコペソ/円

・ユーロ/米ドル
・英ポンド/米ドル
・米ドル/スイスフラン
・豪ドル/米ドル
・NZドル/米ドル
・米ドル/カナダドル
・英ポンド/スイスフラン

・ユーロ/スイスフラン
・ユーロ/豪ドル
・英ポンド/豪ドル
・ユーロ/英ポンド

対円の取引だけでなく、クロス通貨で取引できるようになったところも大きなメリットですね。ただ、ポーランドズロチとか、トルコリラと言われてもさっぱりその価値がわかりませんが(笑)

トルコリラって、いつの時点か不明ですが、金利が15.25%とか。買いスワップも360円と驚異的。これはむしろスワップ狙い用の通貨ですかね。逆に、金利がこれだけ高いと、すぐ金利操作が入って、差損も生じかねませんが。いずれにせよ、勉強する通貨の数が増えました。

このほかにも、決済する建玉を選択できるようになるという機能も付くそうです。これがあると、同じ通貨ペア、たとえばGBP/JPYでもスワップ狙い用の玉と差益狙い用の玉が建てられるというメリットも出てきます。

これらのサービス拡大は10月27日からとのこと。取引に選択肢が出てきそうで楽しみです。


posted by ねこすけ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする