2007年07月28日

トレンド判断仮ルール

「下落相場になれば売ればいい」。そう頭では分かっていました。売りで持っていればウハウハななずでした。しかし、実際はどうかというと、ただ傍観しているだけです。

野村雅道さんの言葉をお借りすると、この下げ方は「コツコツドスーン型」。上昇相場はじっくり上がるけれども、下落相場は急激に落ちると。そんな感じなので、急な変化に体が追いついていないというのが正直なところです。

この下落相場はいつ上昇に転じるのでしょうか? そんなことは分かりません(きっぱり)。とはいえ、向学のために今年2月のケースをみてみました。

USD/JPY 下落に転じたのが2月23日。上昇に転じたのは3月6日
EUR/JPY 上に同じです
GBP/JPY これまた上に同じです
AUD/JPY 同じですね
NZD/JPY やっぱり同じ

回復まで11日かかっています(土日含む)。通貨の差はあれ、最初はなんとなく緩やかに落ちて、急にガツンと落ちるようなパタンです。

先日のエントリーでは、トレンドを判断するのに日足のMACDを使うかどうか悩んでいるということを書きました。2月23日に先立って出た売りサインの日をみてみます。

USD/JPY 1月31日
EUR/JPY 2月16日(ただし2月22日に買いサインが出ている)
GBP/JPY 1月30日
AUD/JPY 2月15日(ただし2月21日に買いサインが出ている)
NZD/JPY 1月30日(ただし2月19日に買いサインが出ている)

このデータを元に取引をしていたとすると、2月初旬からは売りポジションに転じて、2月の22日あたりで買いと判断していたと思います。で、大損をこいていたことが想定されます。この失敗を避けるには、サインが出て3日は待ったほうがいいかもしれませんね。

トレンド判断を行うための仮ルールです。「トレンド判断は日足のMACDで行う。売買サインが出てから3日待ち、サインどおりに動いたら、そのサインのトレンドとする」です。

posted by ねこすけ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

下降トレンドのルールを追加する

急激な円高です(ストップロス入れ忘れて大やけど)。

いろいろ整理しなければならないことがありますが、まずは、デスノートにルールを書くがごとく、シストレルールにルールを加えておきたいと思います。

前回のルールと違うのは、下降トレンド用のルールだということです。逆にすればいいだけなので、きわめて簡単。


時間足MACDの売サインがでたら仕掛け
15銭高いところで手仕舞い
損切りは仕掛けの1円上に設定



とします。カーブフィッティングじゃないのか? という指摘もあるでしょうが、そうでもないかも。プログラムを書く要領でルールをたどると、こんなかんじ。

トレンドを判断する

上昇トレンドであれば、

時間足MACDの買サインがでたら仕掛け
15銭高いところで手仕舞い
損切りは仕掛けの1円下に設定

下降トレンドであれば、

時間足MACDの売サインがでたら仕掛け
15銭高いところで手仕舞い
損切りは仕掛けの1円上に設定

レンジであれば、

ルールなし

問題はトレンドを判断するの部分です。トレンドを判断できるのであれば、細かいルールなんていりません。勝ったも同然。しかし、ここが一番難しいのです。どういうルールをここに適用すべきか? 週足MACDのサインが適当なのか? それとも月足か? いやMACDでない別の指標があるのか?

こんなこと言っているうちに、どんどんクロス円が下げて行きます。ポンド円なんか3円近くの下落・・・。ロングで3枚もっていたら10万円くらい損することになるんですよね。ショートなら逆に・・・。どっちにしてもFXって恐ろしい。

posted by ねこすけ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

円高到来???

MACD(短期15長期30 MA9)の日足を観察していると、主要通貨のいくつかで売りサインが出ています。これまで上昇トレンドできていましたが、下降トレンドへの転換点かもしれません。

USD/JPY 6月27日
EUR/JPY 7月19日
GBP/JPY 7月20日
NZD/JPY 7月10日
AUD/JPY 7月24日

といっても過去に日足ベースの売りサインが出ても継続的に下げているという記録はなさそうです。むしろ大きな調整があったときに売りサインが出ている様子。ここ3日くらい下げ相場が続いているので、その影響が大きいとは思います。

僕は保有していたEUR/JPYが下げに持ちこたえられずにストップロスで終わってしまいました。押し目が入ったかと思うとすぐにまた下落していて、どうも元気がありません。

NZD/JPYが主要通貨のなかで唯一元気があるように見えますが、利上げを織り込んでいるため、利上げをしなかったらもちろん下げて、したらしたで織り込み済みで下げるパタンなんではないかと思ったり。

さらには、毎日新聞などの一般紙までが円高を言うようになってきているという状態は(といっても対ドルの話ですが)、円高トレンドが定着しはじめているようにも思えなくはありません(だいたい1か月遅れかな?)。また同時期にちょっとしたFXブームが来ていることも気になります。

感度のあまり高くない人たちがラッシュしてくると、その場所はもう長く続かないというのが、案外経験則として正しいといえますよね。

さあ、どうなるのでしょうか。相場は読むものではなくて、乗るものだということを念頭において、トレンドを眺めてみようと思います。
posted by ねこすけ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

モーニングスターのサイトが感染

いつも投資信託情報でお世話になっているモーニングスターのトップページを見ると、ウイルスに感染してしまった旨が告知されていました(23時25分現在)。

感染したのは7月17日ごろで、「Exploit-MS06-014」(マカフィー)というウイルス(参考記事)。すでに駆除されているとのことですが、「弊社サイトをご覧になったお客様で、ウイルスソフトを導入していないお客様のパソコンが、ウイルスに感染した可能性がございます」とも案内されています。

モーニングスターが提示している対策は次の2種類です。

(1)お使いのウイルス駆除ソフトの最新パターンファイルの更新。
(2)オンラインスキャンソフト(無料)で感染していないかを確認。

(2)の手段で感染していることを確認しても、結局、駆除するには市販のソフトが必要なんですよね? アダルトサイトを閲覧していて感染してしまうという例はよく聞くのですが、金融系サイトを見ていて感染してしまうというのはあんまり聞いたことがないかも?

ちなみにグーグルでサイトを検索すれば、そのサイトが感染している可能性があった場合は、「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」という警告を検索結果に出してくれるのだそうです(出典は同上)

いずれにせよ、ウイルス対策はしておくにこしたことがありませんね。僕はトレンドマイクロの製品を使っていますが、年間の更新料が必要で、それが負担といえば負担。最近では、更新料の必要のないソフトが出ていたりしますから、そちらを導入するという手も。

ここで対応しておけば、モーニングスターはもちろん、アダルトサイトも怖れることありません(^^;

↓ざっと見た感じ、一番安かった
ソースネクスト ウイルスセキュリティZERO
価格 2,980円 (税込3,129円) 送料別


posted by ねこすけ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

シストレルール変更

FXのシステム的な取引を試行錯誤しているところですが、ちょっとルールを変えてみることにしました。これまでのルールには損切りを設定していませんでした。

時間足MACDの買サインがでたら仕掛け
15銭高いところで手仕舞い
損切りは仕掛けの1円下に設定

このルールの悪いところは、益よりも損の方が大きいということですね。ただ、上昇トレンドにあった場合やレンジ相場にあった場合は、スワップを蓄積していくことができるので、それほど悪くはないかもしれません。
posted by ねこすけ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

サインに従え

FXの話です。ナイト・シャマランの映画「サイン」じゃないですが、サインはサイン。サインに従うが吉。そう思います。

サインに従わず売買したら、損をすることが絶対的に多いですね。でも、サインにしたがっていれば、それなりの結果がでる。そう思います。

自分が信じるサインはどれなのか? MACDなのかRSIなのか、一目均衡表なのか? 相場観が確立できない以上、あるいは相場というものが読めないものである以上、サインに従うべきです。そう思います。

今日もEUR/JPYを、サインの逆に買ってしまいました。もしそのとおり買っていたならば? ウハウハだったんですけどね。

サインに従い、欲を捨てる。これがいま僕が抱えている課題です。
posted by ねこすけ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

たぬき算の計算機を作ってみた

投資期間と実現益を元に、将来の資産がどれくらい増えるか、たぬき算をする計算機を作ってみました。

たぬき算ですので、計算式に根拠はありません。根拠がないどころか、妄想だけの計算式です(笑)。

株でも、FXでも、アフィリエイトでも、何でもかまわないと思います。「元本」「投資期間」「現在残高」を入力するだけです。

エンターテインメントとしてお楽しみください。根拠はないのですが、結構、勇気付けられたりします(^^;

たぬき算計算機
posted by ねこすけ at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

ミニ日経先物225をやってみようかな

為替も先物の一種で、これに慣れてきたということで、日経の先物に興味がでてきました。とはいえ、いきなり10万単位のお金をつぎ込むのは怖いので、ミニ日経先物225で始めようと思っています。

これまでの経験から分かるように、本を読んでみたところで、なかなかイメージがつかみにくいので、実際にやってみようと思っていました。

とりあえずイートレード証券で、ミニ日経先物225を扱っていたようなので、口座開設の申し込みをすることに。オンラインですぐに開設できるのかと思っていましたが、そうではないようです。

名前は難しいのですが、『先物・オプション取引口座設定約諾書』、『先物・オプション取引に関する確認書 兼 差換預託に関する同意書』という二種類の書類が郵送されてくる模様です。そして返送しなければならないとのこと。

あんまり気軽にできるような商品じゃないのかしら? これまたちょっとずつ勉強していくことにします。
posted by ねこすけ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする