2007年02月28日

円高コンバージョン

マネーパートナーズに限らず、ほかのFXでもそうかもしれませんが、たとえばEUR/USDの売買をした場合、USDで取引しているので、その損益はUSDで受け取ることになります。

以前、たぶん122円台だったときにEUR/USDの取引で大損をしてしまった経験があり、これが結構な傷口になっていました。「円キャリートレードの終焉」なんて言葉が踊る昨今、というかここ二日? USD/JPYは119円を切る事態になっています。

クロスの円高であることも影響して、ほかの通貨は利益確定を余儀なくされたのですが、このことが返って、EUR/USDの傷口を多少は癒やしてくれることになっています。

つまり、円高が進行したことで、USDでかかえている損を円にコンバージョンすると、122円-118円の差額分だけ“得”をすることになります。理屈でいうと、単純なドル売りですね。ここから先115円まで円高が進むかも知れませんが、そこは神のみぞ知るです。

ここは思い切って身奇麗になることにしました。“得”といっても、大した額ではないのですが、なんとなく借金を抱えていたようなもやもや気分は晴れました。
posted by ねこすけ at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

マネパにログインできない

週があけて、気分はFXモードに。今朝(26日朝のこと)になって、マネーパートナーズにログインしようとしたのだけれど、これがおかしい。ログインできないんです。仕事から帰宅してきても話は同じ。IDとパスワードを入力すると「ただいまメンテナンス中のため、ログインできません」との表示されちゃう。

「上記時間帯以外にも臨時メンテナンスを行う場合がございます」と書いてあるけれど、市場が開いている間にこれは、非常識すぎるだろう? システムレポートの欄をみると「現在、トレードシステムは正常稼働しております」と書いてある……。どこかおかしい。

不具合報告に関するブログがないかとざっと調べてみましたが、アフィリエイトのブログばっかり(鬱)。ためしに、携帯電話からログインしてみると、ちゃんと稼動している模様。

昨年12月には、
posted by ねこすけ at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

確定申告準備するぞ(その2)

儲けが年間20万円あったらすぐに確定申告! と早合点してはいけません。儲けのことを考えたら、次は費用のことを考えなければなりません。

なぜなら費用を差し引いた額こそが、確定申告をするかしないかの分かれ目になるからです。単純な話、20万円の利益があって、3万円の費用がかかっていたら、17万円しか手元にないわけですから、確定申告は不要ということみたい。

儲けは案外目に見えやすいのですが、費用は目に見えにくいというのが世の常かも。だから会社の経営者は苦労するのかもしれませんね。自分のことを考えてみると、これが実は恐ろしいことになってます。

FXは24時間、市場が動いているので、取引のタイミングを失いたくありません。昼休みやトイレ休憩、電車のなかでも、レートがすごく気になります。僕はこのため、携帯電話のパケット定額サービスを使っているのですが、これが月額4200円。1年で5万円にもなります。さらに売買用のPHSがこれまたほぼ同額です。FXやブログを書くためだけにこれだけの費用がかかっているんです。通話料をのぞいてですよ。FXのノウハウを学ぶための書籍代なんかも入れると、10万円以上の費用がかかっているんです!

費用が大きければ大きいほど、何のために儲けてるのか分かりません。その費用を目に見えるようにしてくれるのが領収書ですね。領収額の100%を費用として認めてくれるかどうかは税務署の判断によるとは思いますが、自分のキャッシュフローを把握するためには、ぜひ領収書を集めておきたいところ。そして、できれば月額単位で費用を管理するのがベターかなと思います。

「利益を上げるために本当に必要な費用は何なのか?」。ふだんから考えておきたいものです。

posted by ねこすけ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

確定申告準備するぞ(その1)

そろそろ本気で確定申告の準備をしなくてはならない時期にきました。16日から始まります。昨年は大きな円安でしたから、外貨投資をやっている人のなかには、確定申告をしなければならない人が少なくないかもしれませんね。

対象になるのは、スワップや為替差益による所得が20万円を越えた人が対象になります。外貨投資だけで20万円超えなくても、アフィリエイトなどと合算して20万円を超えたら、確定申告の対象になります。

僕もその一人で、外貨投資に絡む確定申告は初めてです。一口に外貨投資といっても、外貨預金、FX、外貨MMFなどによって対応が異なるみたいなので注意しておきたいところ。

いろいろ調べ始めていますが、All Aboutに外貨投資にフォーカスした確定申告のガイド記事がのっていました。僕がまとめて書くよりずっと分かりやすいと思うので、まずは、ここからチェックしたいですね。

ということで、ガイド記事のポインタです。

外貨投資の確定申告が分かる!【Vo.1】
http://allabout.co.jp/finance/gaikatoushi/closeup/CU20070123A/index.htm
外貨投資の確定申告が分かる!【Vo.2】
http://allabout.co.jp/finance/gaikatoushi/closeup/CU20070125A/index.htm
posted by ねこすけ at 09:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

外為どっとコムに「スワップ振替機能」

しばらく外為どっとコムにアクセスしていなかったので、チェックが遅れたのですが、「スワップ振替機能」というものが提供されたようです。これは、ポジションを決済しなくてもスワップポイントを受け取れるというものです。ブログでの評判は概ね良好のようですが、どう使いましょうか?

メリットは「複利的投資が可能になった」ということでしょう。外為どっとコムでは、1000外貨単位で取引ができますから、それに相当するスワップが貯まったら、そのスワップでさらにポジションを建てるということを行うわけです。そうると、さらにまたスワップが期待できて、複利的に増えるという、そういう運用の仕方です。

僕は外為どっとコムにNZD/JPYを持っています。そこでものは試しと、この通貨ペアの複利効果を期待して新しくポジションを持つことにしました。NZD/JPYを1000通貨買うのに必要な証拠金は8000円です。2000通貨単位分のスワップが貯まっていたので、一部をそれに回そうとして振り替えてみたのですが、全額が振り替えられてしまいましたよ。

これまで10000通貨単位の取引で160円のスワップが生じていました。これに加えて、スワップを引き出して新しく建玉することができたので、新たに32円のスワップが発生することになります。都合一日182円です。これが複利効果ということですか。

次に8000円のスワップが生じるのは43日後の計算です(スワップの変化など考慮せず)。その次は一日198円のスワップが受け取れますから40日になり、そのまた次は一日214円なので37日……と、どんどん複利を実現する期間が縮まっていきます。またタヌキ算が始まってしまいました。地道ですが、案外楽しいかも? 

気になるのは、外貨プラスとの比較です。外貨プラスは定期的なスワップの受け取りがウリでしたが、これに対応したことで、外貨プラスのメリットはどこに? 外貨プラスは(1)低いレバレッジで安心取引(2)スワップ振替機能は、外為どっとコムのネクスト口座に振り替えられるのに対して、銀行口座に振り替えられる(3)期間に応じてスワップボーナスの上乗せがある、といったところでしょうか?
posted by ねこすけ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

G7共同声明に円安言及なし

やっとこさですね。G7の共同声明に円安について言及がなかったとのこと。これまでの高官発言で行ったりきたりしていたレートは、これで円安方向に弾みがつくのでしょうか?

日本では、月曜日がお休みですが、FX市場は開いています。もし円安方向に動くのだとしたら、少なくとも日曜日中に指値注文を入れておかないと、せっかくの機会を逃してしまいそう。月曜未明でもいいけど、起きている自信がありません。

ただ日本の景気回復ともあいまって、一方的な円安なのかどうかは注意が必要なところ。それでもここ2週間の環境よりは、判断しやすくなったかもしれませんね。
posted by ねこすけ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

G7まで手出し無用か

G7まで手出し無用か

ここ最近、円の買い戻しが起きていているのはご承知のことで、ここ2週間くらいのトレンドとしては下落のようですが、デイトレードくらいのスパンで取引すると、売りでポジションを持てば黒が出るというものでもないようです。

円買いの原因はG7。円安を嫌気した高官発言や市場の推測、憶測でトレンドといえるトレンドが形成されていないような気がします。

僕が主に取引する通貨はNZD/JPY、AUD/JPY、EUR/JPYの3通貨なんですが、ここ2、3日は大苦戦で、売りで持てば上がり、買いで持てば下がりといった感じですし、オセアニア通貨も同じ動きをするかと思っていても、逆に動くことは珍しくありません。EUR/JPYなんかもがっくんがっくんです。

こんなときは、何やってもダメ。7日は日足でみると、NZD/JPY、EUR/JPYはいずれも前日比80銭以上のプラスになっているようなんですが、ここで買いポジションを持てるかというと、まったく自信がありません。

NZD/JPY少々は割安感がでてきたような気がしますが1月初旬の安値を抵抗にして反発してるだけに見えます。ファンダメンタルな根拠のないうちはどっちに転ぶか不透明です。

これはAUD/JPYについても同じことが言えそう。こっちは淡々と下がっているように見えますが、1月初旬の安値が抵抗となるのなら、92円35銭くらいまでは覚悟しないといけないかも。

G7の声明が出るまでは手出し無用でしょうか。そこからまた、これまでのように利益を上積みできればいいんですが。

posted by ねこすけ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

トレンドはどっち向き?

昨夜未明、急激な円買いが入ったのは、ポールソン長官の一言が原因でしたが、さて、打ち出の小槌に殴られて死亡しました。

原因は、思ったように相関してくれなかったから。以上です。相場観も間違っていました。トレンドは下落ですよね? だって、この一週間、買いで損してきたんですから。一週間前に一斉に調整に入ったときにドテンしてれば、いまごろウハウハだったのですが、そんな過ぎ去った話をしていても仕方ありません。

もしトレンドが下落であれば、売りで対応すればいいさ! と気を取り直して、NZD/JPY、AUD/JPYを売りで持ちました。そしたら、なんで上がり始めるんだよ? 

思った方向に市場が動かないことにイライラしてしまいます。一体トレンドはどっちなんだ??

その一方で、欲をかかずに預けっぱなしにしている外為どっとコムの外貨プラスは、亀の歩みのように遅いですが、しかし確実に利益を生んでくれているようです。こちらはトレンドを気にせず運用しています。
posted by ねこすけ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

打ち出の小槌に殴られた気分

「打ち出の小槌になるんじゃないか?」とおかしなタヌキ算でポジションを建ててみたEUR/USDとEUR/JPYの通貨ペア。どころか、不労所得の夢はどこへやら。打ち出の小槌に頭を殴られた気分で出血中です。

確かに、相関関係にあるペアの片方を売りにしたことで逆相関的に動いているには違いありません。EUR/USDが非情な赤字を出す一方、EUR/JPYがけなげな黒字を出してくれています。逆に先日は、赤が黒に追いつかず、黒字が出てしまっていました。嬉しいような話ですが、本来の趣旨からすれば、EUR/USDとEUR/JPYは、それぞれの利益と損失を相殺しあって、常にゼロサムで安定するというところに旨みがあるわけです。そうはなっていないのが期待はずれです。

しかし、見方によっては、短期的なこうしたぶれはさざなみに過ぎず、長期的には平準化される性格のものかもしれません。だとすると、打ち出の小槌は打ち出の小槌として機能してくれるはずです。

あるいは、バランスをとるために、ペアの比率を2:1にするとか3:2にするとかいったチューニングが必要かもしれませんね。

なんか急激な円買いが入ったような雰囲気……。想定の範囲を超えて出血中です。ぐはっ!
posted by ねこすけ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする